今日までの軌跡

125年間の情熱と革新のハイライト
Schelling & Stäubli社の創立者
STÄUBLIの設立
熟練したメカトロニクス技術

ストーブリは機械修理を行う町工場から始まりました。スイスで繊維産業が盛況だった1892年、Hermann Stäubli(ヘルマン・ストーブリ)とRudolph Schelling(ルドルフ・シェリング)は自分たちの会社を設立しました。急速に成長し、ずっとファミリー経営をしてきたStäubliは、メカトロニクスソリューションに特化してきました。それは今日、伝統工学と電子工学のノウハウを結びつけています。

未来は待ってくれない
技術革新向上の先に

この125年間でストーブリは、繊維機械、流体コネクタ、電気コネクタそして産業用ロボットと、様々な分野で発展してきました。様々な分野での幅広い製品ポートフォリオが、弊社の未来へと繋がっていきます。パイオニアたちが描いた素晴らしい将来への展望は、競争におけるストーブリの技術的な優位性の土台を築くマネージャーや従業員にコミットします。 

革新の最先端で
付加価値

1892年以来、ストーブリは継続的に改善する文化を推進しています。ストーブリの革新とは、常にお客様が目標をより良く達成出来るよう支援することを意味しています。例えば、数年前、植毛ができるロボットを求められました。当初は馬鹿げているように思われました。しかし、私たちは共にソリューションを開発する決心をし、今日までに、100台以上のロボットを販売してきたのです。

Stäubliの今後50年
STÄUBLIの今後50年
私たちはお客様のために革新します

ストーブリのドビーマシンとジャカードマシンは、さらなる高性能なマシンに進化しているでしょう。産業界は流体カップリング、電気コネクタそして産業用ロボットやデータの需要が増大し、全てが新たなレベルで自動化しているでしょう。ストーブリ製品は、より素晴らしい繊維製品、少ない仕事量などを通して、人々の生活を向上させるでしょう。しかし、人間の創造性と柔軟性は、決してロボットに取って代わられることはありません。 

問い合わせ先